Sponsored Link

2007年05月01日

就職

トヨタ自動車のトヨタ車は品質がいいし燃費もいいので、世界一の販売台数になったとききました。
ちょうど、安全な車世界ランキングが発表されました。

トヨタ車では、「4ランナー」が世界安全車ベスト4に入っています。

これは、
アメリカの損害保険会社などで組織する、
ハイウエー安全保険協会(IIHS)は調査した結果です。

IIHSは、
2002〜05年に全米で発生した交通事故の犠牲者を、
車種別に集計したのです。

この調査結果を、2007年4月19日に公表しました。


それによれと、
「最も安全な車」上位15車種のうち、
9車種を日本車が占めています。

5車種はドイツ車で、米国車は1車種でした。


死亡率が最も低かったのは、
米ゼネラル・モーターズ(GM)のミニバン「シボレーアストロ」(100万台当たり死者7人)です。

2位に日産自動車の「インフィニティG35」(同11人)、
4位にトヨタ自動車の「4ランナー」(同13人)が入っっています。


ちなみに、
「最も危険な車」16車種では、2位にホンダの「アキュラRSX」(202人)、
3位に日産の「350Z」(193人)など、
日本車は6車種が名を連ねたそうです。



私がトヨタプリウスを試乗したときのトヨタディーラーの営業マンは、
大学は東京にいったそうですが、
長男ということで自主的に地元に戻って就職しようと考えていたそうです。

就職活動のときは、
東京ドームでUターン就職者のための、
地元企業との出会いがあったそうです。

県別に地元企業が分かれていて、
自分の地元の県の企業に一度に数社と出会えたそうです。


そのトヨタ営業マンは、
トヨペットが地元の県にあったそうで、
それで選んだらしいです。

トヨタ自動車は4月2日に、
豊田市のトヨタ自動車のスポーツセンター第1体育館で、
2007年度の入社式を開きました。


トヨタは、中途採用やトヨタ工業学園への入学者を含めて、
この1年間で3163人を採用しています。

前年度よりは約140人少ないものの、
3000人を超える高水準の採用を続けています。

それだけ、トヨタ自動車グループの成績がいいということですね。
トヨタ車が安全、安心である、ということでもあるんですね。


「トヨタ・トヨタカローラ・ネッツトヨタ・レクサス」のトップページに戻る



posted by トヨタ at 12:43 | トヨタのトヨタディーラー

2007年04月18日

トヨタ自動車とトヨタグループ

トヨタネッツでトヨタ車は50種類ぐらいあり、
日本で走る車100台のうち、約45台はトヨタ車だと聞いとき、トヨタ自動車をはじめとするトヨタグループがいかに大きいものかを、
私は今頃ですが、理解しました。

トヨタ自動車が中心となっているトヨタグループは、
株式会社豊田自動織機(しょっき)を母体しています。


この豊田自動織機は、日本の機械メーカーです。
現在のトヨタ自動車は、この豊田自動織機の自動車部が独立してできたものです。

トヨタグループの本家ですね。
そしてまた、
トヨタ自動車を始めとしたグループ各社の大株主でもあります。


豊田自動織機は、
繊維機械の製造や、トヨタ自動車の自動車生産の一部(ヴィッツ、RAV4など)、フォークリフトの生産から販売などをしていますが、
フォークリフトやカーエアコン用コンプレッサーは世界トップシェアだそうです。


さて、
国内ボディメーカー2社(日野自動車とダイハツ工業)を含めた15社のトヨタグループが、
一般的にいわれる「トヨタグループ」です。

その他、トヨタ自動車の関連会社・関連団体には、
トヨタウッドユーホーム やトヨタホーム、ミサワホーム などの住宅関連企業、
あいおい損害保険などの金融関連企業、
富士スピードウェイなどの関連企業、
名古屋グランパスエイト(Jリーグ) などの関連団体、
トヨタ学園やトヨタ東京教育センターなどの教育団体、
富士重工業の自動車ボディメーカー、
東海テレビ放送や中京テレビ放送、名古屋テレビ放送などの情報通信・ITS関係、
などなどがあります。

いや〜、巨大ですね〜(びっくり)。



ちなみにトヨタグループは、
三菱・三井・住友の財閥グループやメガバンク系グループとは、
違う集団、独立企業系グループと見られています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


「トヨタ・トヨタカローラ・ネッツトヨタ・レクサス」のトップページに戻る

posted by トヨタ at 13:43 | トヨタのトヨタディーラー

2007年04月16日

トヨタ自動車とディーラー

ネッツトヨタに出かけたとき、トヨタ自動車と他の国産車メーカーとの違いを聞いてみました。
するとトヨタ営業マンは、
国産車の中でもトヨタ車は品質がいいといいました。

そしてトヨタ車が、日本の車の4割を占めているだろうといったのです。
100台車が走っていれば、45台はトヨタ車であると。


トヨタ自動車が日本一大きい車メーカーだということを、
私は知らなかったんですね〜(恥)。

日産のほうが売れているのか、と思っていました。
(父や親戚がみんな日産車に乗っていましたから)


さて、
トヨタ自動車株式会社は、
日本の自動車メーカー最大手で、
しかも日本最大規模の企業だそうです!

愛知県豊田市に本社を置いているのは知っていましたが、
トヨタグループって大きいんですね〜。


トヨタ自動車の営業利益は、
アメリカのGMグループに続く、世界第2位の自動車会社だそうです!
これ、すご〜い!!ですね。



トヨタ自動車は、
創業当初から、全国各地の地場資本に協力を求め、
早いうちから販売拠点を数多く築いていきました。

これは豊田喜一郎に請われ、
トヨタに移籍した日本ゼネラル・モータース販売広告部長の神谷正太郎(トヨタ自販初代社長)がトヨタ自動車に入った成果です。

神谷正太郎は、
米国GM流の販売方法を取り入れたのです。


トヨタは「販売のトヨタ」と呼ばれています。

技術の日産に対し、
トヨタ自動車の現在までの営業能力の高さには定評があります。

現在、トヨタ自動車は、
日本国内では4系統のディーラー網があります。


「トヨタ・トヨタカローラ・ネッツトヨタ・レクサス」のトップページに戻る
posted by トヨタ at 13:15 | トヨタのトヨタディーラー

2007年04月13日

ディーラー

トヨタ自動車のトヨタディーラーには、トヨタ店、トヨタカローラ手、ネッツ店、レクサス店、トヨペット店があります。


ところで私の近所には、ネッツトヨタやトヨペットなどがあり、
トヨタネッツってトヨタグループらしいけど、
トヨタとどういう関係かな?と疑問に思っていました。

それでトヨタアルファードハイブリッドカーを見にいくため、
トヨタネッツを訪れたとき、
ネッツトヨタとトヨタの関係を聞いてみました。


するとトヨタ営業マンが教えてくれたことには、
トヨタ自動車は自動車の種類がとても多いので、
トヨタ車を分けて販売しているそうです。

なるほど!


たとえばトヨタ店の取扱車種は、
トヨタセンチュリー、クラウン、ランドクルーザーなど。

トヨペット店の取扱車種は、
トヨタマークX、プレミオ、ハリアーなど。

トヨタカローラ店(旧パブリカ店)の取扱車種は、
トヨタカローラ、カムリ、パッソなど。

ネッツ店(旧ネッツトヨタ店(トヨタオート店)とトヨタビスタ店を統合)の取扱車種は、
トヨタヴィッツ、オーリス、ウィッシュなど。

レクサス店の取扱車種は、
LS、GS、IS、SCなどとなっているそうです。


トヨタ車は何種類くらいあるのかとトヨタ営業マンにたずねたら、
「ウ〜ン」とうなって、
いままでそんなこと、考えてもみなかったという感じ(笑)。

私が「100以上ですか?」
と聞くと、
「いや、そんなにはないです。
・・・50くらいですか・・・」
とのこと。


ただし、それぞれのトヨタ車のブランドは、
いくつかグレードを持っているので、
車種×グレードでみると、ものすごい数になるそうです!


ちなみに私はネッツ店へは、
トヨタアルファードハイブリッドの他、
トヨタプリウスのハイブリッドカーが見たくて行ったのですが、
販売車種が分かれていることを知らなかったので、
プリウスは見れませんでした。

またアルファードハイブリッドはあまり売れないようで、
ハイブリッドカーではないアルファードだけ見ることができました。


「トヨタ・トヨタカローラ・ネッツトヨタ・レクサス」のトップページに戻る



posted by トヨタ at 17:15 | トヨタのトヨタディーラー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。